西京区探索隊

大原野神社

勝持寺の南門から参道を通り仁王門を出ると、左に見えるのが「大原野神社」です。

大原野神社

延暦3年(784年)に桓武天皇が長岡京へ遷都した際、桓武天皇の后の藤原乙牟漏が
藤原氏の氏神である奈良の春日大社の分霊を勧請して祀ったのが起こりとされています。
天皇が鷹狩りが好きで、しばしばこの美しい風景の大原野に鷹を放たれていたことから選らばれたようです。


以下の4柱が祭神

・日本神話に登場する天津神(あまつかみ)「建御賀豆智命(たけみかづちのみこと)」

・武功の神「伊波比主命(いわいぬしのみこと)」

・藤原氏の始祖とされている「天之子八根命(あめのこやねのみこと)」

・天之子八根命の后とされている「比咩大神(ひめおおかみ)」


方除け・良縁の神様。 政治の神様、知恵の神様としても信仰が厚い。

境内には奈良の猿沢の池を模した「鯉沢(こいざわ)の池」や

古歌に多く詠まれた「瀬和井(せがい)の清水」と呼ばれる名水があります。

 

また紅葉の名所、桜の名所としても知られています。

大原野神社(桜の頃)

 


【所在地】 〒610-1153 京都府京都市西京区大原野南春日町1152
【交通・鉄道】 阪急京都線東向日駅から阪急バス約25分「南春日町」下車徒歩約8分
【駐車場】 有料
【注意事項】 公共交通機関の利用がおすすめ。渋滞等で所要時間が長くなることがある。
【お問合せ】 075-331-0014(大原野神社)